オフィスで書類をまとめたり、はさんだりするのに、クリアファイルを使うことがありますが、色分けするのが効果的。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

オフィスのクリアファイルは色分けがよい。

オフィスで最近では、ホッチキスでとめた書類や重要書類、また別の部署に渡すために入れるものとして、クリアファイルがよく使われます。値段も以前よりもずっと安くなり、大量に入荷すれば、1枚単価は相当安くなりました。しかし、クリアファイルにも大きさやビニールの厚さなど、いろいろな種類があり、全く薄いものから、結構分厚いものまであります。そして、書類を同じように挟んでいても、かなりフィット感が異なります。一枚だけを入れる場合と、10枚以上をファイルする場合とでは、クリアファイルの使い方によって、その寿命も変わってくるでしょう。また、クリアファイルは、紙を曲げずに、汚さずに、別の部門や、部署に渡すことが出来るという利点があります。

そこで、その利点をさらに進化させたものが、クリアファイルの色分けです。いつもクリアーな透明のものばかりを使用していれば、やはり書類の内容を確認しないと、部署がわからなかったり、他のものと混同してしまったりして、見分けが付きにくいことによりミスが発生することがあります。しかし、最近では、かなりいろりろな色のファイルが出来ているので、その色を上手く使えば、部署、部門、内容によって、区別することが出来、仕事がスムーズに運びます。また、ミスも少なくなり、色から仕事内容を理解することが出来る場合もあります。使いやすいクリアーファイルをさらに、便利にする、瞬時に書類の行き先がわかるというのが、色分けをして得をするところではないでしょうか。

Copyright (C)2017オフィスにおけるクリアファイル活用の裏ワザ.All rights reserved.